コスタリカ・エル・ピロン・モカ・ナチュラル
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

コスタリカ・エル・ピロン・モカ・ナチュラル

(ウェットミル)のすぐ近くに新設されたナチュラル精製専門のミルがエル・ピロンミルです。このミルは、プエンテタラスミルの代表であるエフライン・メンデス氏が共同で経営している精製場で、一般にマイクロミルと呼ばれています。規模は小さいのですが、農園から近く、またきめ細やかな選別、乾燥が行われることで、そのエリアの土壌や気候が育むことで生まれるコーヒーの特徴的な風味(テロアール)が発揮されるスペシャルティコーヒーが生産されています。
 エル・ピロン・モカ・ナチュラルは、当マイクロミルの共同経営者の一人、エフライン・メンデス氏のもつ農園に植えられている貴重なモカ品種だけを収穫して、それをさらにコスタリカでは非常に珍しいナチュラル精製(自然乾燥)したコーヒーです。通常のウォッシュドやハニー精製とはまた違った独特のモカ(エチオピア)のフルーティなフレーバーが特徴の味わいに仕上がりました。年間にわずか3百キロのみ精製された貴重なコーヒーが今回、日本に入荷しました。
<ナチュラルとは?>
 「ナチュラル」とは収穫されたコーヒーチェリーを果肉除去せず、チェリーのままの状態で乾燥行程に入ります。
 この方法によって、果肉、ミューシレージの甘味が豆に移り、ウォッシュドコーヒーでは得られにくいフルーティ感のある独特の香りやボディをもったコーヒー豆になります。 
<モカ>
 エチオピア原産のコーヒーが、隣国イエメンから世界中に広がったのは今から300年ほど前のことですが、その原品種の一つがモカと言います。現在、中南米で栽培されているコーヒーのほぼ全ての起源がエチオピアといわれています。モカの特徴は、樹高が高く、栽培や世話が難しく、収量も少ないのですが、その香りと味は他の改良品種では得られない素晴らしさがあります。

生産国:コスタリカ
地 域:サン・イシドロ・デ・レオン・コルテス
農 園:サン・イシドロ
生産者:エフライン・メンデス、エドガー・ウレニャ
品 種:モカ種100%
標 高:約1,800m
生産処理所:エル・ピロン
生産処理:ナチュラル

¥ 900

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クリックポスト(珈琲豆1袋〜4袋まで)

    コーヒー豆1袋(100g)から4袋(400g)まで。

    全国一律 185円
  • クリックポスト2個口(5袋〜8袋まで)

    珈琲豆、5袋(500g)〜8袋(800g)以下の方はこちら。

    全国一律 370円
  • クリックポスト3個口(9袋〜12袋まで)

    珈琲豆、9袋(900g)以上12袋(1.2kg)まで

    全国一律 555円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • ブラジル トミオフクダ ドライオンツリー(中煎り)

    ブラジル トミオフクダ ドライオンツリー(中煎り)

    豆のまま

  • ウッドハンドル名門ドリッパーセット桜

    ウッドハンドル名門ドリッパーセット桜